コラム  (週報ー風ーより)


     


       


        


         


        


     


                  

 台風の直撃が予想されます。主の守りを祈ります。岩手や北海道での

 

台風被害を見ますと備えなければと思います。神さまが被害を受けられ

 

た方々を慰めて下さることを祈ります。

 

   イエスさまには、12弟子がいました。この12人はイエスさまと寝

 

食を共にしました。12人は、取税人、漁師、熱心党員など様々な職種

 

の人がイエスさまに出会いついて行くことになりました。イエスさまは

 

なぜ弟子をお選びになったのかというと、「身近に置き、また彼らを遣

 

わして福音を宣べさせ、悪霊を追い出す権威を持たせるためであった。」

 

(マルコ3:14)とあります。イエスさまとの旅は、楽しくもあり、

 

深く考える事も多い旅であったと思います。

 

 ある日イエスさまが弟子たちを船に乗せ自分より先に向こう岸に行か

 

せられました。イエスさまは一人で祈っておられました。船が進んでい

 

くうちに向かい風に遭い漕ぎあぐねました。弟子たちは焦っただろうと

 

思います。夜中の3時頃、イエスさまは、疲れていたであろう弟子たち

 

の前に海を歩いて近づいて来られました。弟子たちは幽霊かと思い怯え

 

ました。するとイエスさまは、「しっかりしなさい。わたしだ。恐れるこ

 

とはない。」(マタイ14:27)と言われました。ペテロは、歩いてイ

 

エスさまの所に行くことを願い、「来なさい」との声にイエスさまに近づ

 

きますが、風を見て怖くなりおぼれかけ、「主よ助けて下さい」と言って

 

助けていただき、イエスさまと共に船に乗り、風はやんだのです。

 

 私たちも順風満帆の時だけでなく向かい風に悩むことがあります。焦り

 

疲れます。風を見て怖くなることがあります。そのときあなたはだれに助

 

けを求めますか。この世界を造り、私たちを造り愛しておられる方に祈り

 

ませんか。その時に「恐れることはない」との声を聞きます。